法人概要

「福祉=みんなの幸せを創造すること」
愛実の会の理念はすべての人が生きやすい社会を作り
それぞれの間にある垣根を取り払い共に歩み 共に認め合うことを目標としています
ひとりの喜びがみんなの幸せにつながるよう ひとりの声を心で聴き 創造してみる
創造を言葉に変えて分かち合おう みんなもひとり!
ひとりの笑顔はみんなの笑顔に みんなで幸せを創造していきましょう

パンフレット

愛実の会のあゆみ

1987年 愛知県立港養護学校の親が集まり、卒業後の行き先を作るための活動を開始
1993年4月 「愛実デイ・スクール」開始
1995年4月 名古屋市より補助金を受け「愛実友だちの家」としてスタート
1995年6月 障がい者の地域生活支援、夜間ケア開始
1996年4月 愛知県立港養護学校生による人形劇団「紙風船」結成
1997年4月 名古屋市より補助金を受け、「大地の家」スタート
1999年4月 宿泊体験事業開始
2003年4月 名古屋市より小規模作業所としての
      認可を受け、人形劇を仕事とする重度
      身体障がい者の施設「紙風船」スタート
2003年4月 居宅介護事業を開始
2007年1月 特定非営利活動法人「愛実の会」設立
2007年4月 「愛実友だちの家」「大地の家」「紙風船」が合併
生活介護事業(デイサービス)、居宅介護事業(ホームヘルプ)スタート
2010年4月 港区木場町に統合移転して「障がい者デイセンター愛実」となる
2018年3月 認定NPO法人取得
資本金:1000万円  年商:1億1千万円  従業員数36名(男14名、女22名)
代表者:理事長 戸田 真二
事業所番号:2311100214

理事長あいさつ

 2020年4月より、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、今までにない緊張感の中で事業の継続を行っています。介護の現場はまさに濃厚接触が必然です。基礎疾患を持ち、マスクを着用できない多くのメンバーがいます。メンバー・アシスタントの命と生活を守るためにできるだけ3密を避け、感染のリスクを少なくするための環境整備(マスク・消毒・換気)外出活動の自粛等の対策を講じており、緊急事態宣言解除後の今もなお、この取り組みが続いています。
 先の見えないこのご時世にあって、愛実の会の役割を考えさせられています。前が見えないなら、初心に戻り、理念を見つめ直すことから始めたいと思うのです。「福祉=みんなの幸せを創造すること」だと考えます。それは、新しいものを誰かが造ることではなく、共に生きる中から新たな希望が生まれてくることを意味します。そして以下の5項目を今年度の運営方針として挙げました。

2020年度愛実の会運営方針

① 新たな組織づくりを目指す
 困難事項の相談や新たな改善提案を創造的に行っていき、相互の理解と共有を大切にし、全体への周知理解を深めていきます。
② 新型コロナウイルス対策
 収束の見えない中で、休業要請のない限りは事業を継続していきます。外出活動や公演活動、イベントの自粛、外部からの来訪制限、3密を避けて感染予防を徹底します。そしてなによりもメンバーの笑顔を大切にしていきます。
③ 愛実の会の活動をブランド化
 紙風船の人形劇&大地の家のミュージックケア等、それぞれの特徴を 愛実の会の魅力として、活動の内容、目的、効果、みんなの声を発信していきます。

④ 法人理念の具体化~将来のビジョンへ
・シェアハウス構想については3年を目途に準備を進めていく。
・地域との交流及び施設の見える化を促進。
・ふれあいイベントや地域防災訓練への参加、会報の配布等認知度を高め、ボランティアの受け入れやホームページの見える化を促進し、開かれた場として地域社会での愛実の会の役割を明確にしていきます。
⑤ キャリアパスの仕組みを再構築
 キャリアパス=法人の理念をもとに、求める人材像や教育方針が職員全体に理解され、自らが将来像を描き、段階的に目標を設定していく仕組みを創ります。

          理事長 戸田 真二